ぼく、真剣なんです。 7
トーナメント・テーマ
ぼく、真剣なんです。

そんな、真剣な記事を。

真剣なトーナメントです。

「我こそは!」という方、

腕に覚えあり、という方、

どうぞ、ご参加下さい。

ファイッッ!!
参加カテゴリー
その他

参加メンバー一覧

  •  
猫山猫吉さんのプロフィールまるいのさんのプロフィールどんぱっちさんのプロフィールhoshico☆さんのプロフィール゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんのプロフィールメルクリウスさんのプロフィール
猫山猫吉さんまるいのさんどんぱっちさんhoshico☆さん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんメルクリウスさん
呼吸さんのプロフィールUzo mUzoさんのプロフィール愚者の楽園さんのプロフィールmogさんのプロフィールカエサルさんのプロフィールときたま(MEGU)さんのプロフィール
呼吸さんUzo mUzoさん愚者の楽園さんmogさんカエサルさんときたま(MEGU)さん
退会されました阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さんのプロフィール退会されましたみかりん&トノさんのプロフィール節約花嫁さんのプロフィール退会されました
退会されました阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん退会されましたみかりん&トノさん節約花嫁さん退会されました
なおこさんのプロフィールアトリエことらさんのプロフィール退会されました退会されましたみずきさんのプロフィールフジワラトモヤさんのプロフィール
なおこさんアトリエことらさん退会されました退会されましたみずきさんフジワラトモヤさん
ほにょさんのプロフィール退会されました酒そば本舗店長さんのプロフィール
ほにょさん退会されました酒そば本舗店長さん

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

参加記事一覧

  •  
  • なぜ戦う?なぜ平等(社会主義・共産主義)の敵は、自由(資本主義)なのか?
  • 前提がおかしいですね。まぁ,平等を追求する共産主義者も確かに存在しますが,それはもう完全なオールドウェーブですよ。そもそもマルクスにしてからが,平等を追求する共産主義なんて時代遅れ,資本主義を超えられないと批判することから,共産主義者としてのキャリアをはじ
  • 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
  • ---
  • ---
  • ---
  • ---
  • ---
  • ---
  • おやこで世界を旅するみかりん、新「肩書き」を考える。
  • 心に刺さる、でも背伸びとか着飾ってない等身大のこれがみかりんです!!っていう肩書き、ほしいなあ!! 去年の夏にはじめて自分で決めた肩書き。もうやってることも考え方も変わったから新しいのにしたいと思い続けてるんだけど、あと一歩が出てこない! 「おやこで世界を旅
  • 3歳と、世界一周ふたり旅^^ハワイ南米北欧中東アジア
  • 【ダイエット】しょうがココア3ヶ月実践 ぽっこりお腹は?結果報告
  • 【本記事のターゲット 】何度かダイエットにチャレンジしたが効果なし…お腹周りがどうも…このお話、記事にするかどうか結構悩みました…私自身、元々あまり太る体質では無かったのですが、社会人になってからというものの、見事に体重は右肩上がり。さすがにまずいと感じ始
  • ファミリーキャンプ&旅日記 -チャレンジ中-
  • マネーモンスター
  • 2016/06/102016/10/12原題:Money Monster監督 ジョディ・フォスター原案・脚本 アラン・ディ・フィオーレ、ジム・カウフ脚本 ジェイミー・リンデン音楽 ドミニク・ルイス出演 ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル、カトリーナ・バルフ、ド
  • MusiCinemania by Uzo mUzo
  • ◎還暦親父の爪切り
  •  まさか、3日連続で「自分の両手の写真」のことになるとは思っていませんでした。どれだけ自分の両手が好きなんだ・・・って感じですよね(笑) でも、ちょっと思いついたことを、ちょっとやってみて、それなりに成果が出るっていうのは面白いんですよ。 まず、機材の紹介
  • カエサルの世界
  • 色も人も多様だから世は美しい、サンレモ音楽祭
  •  昨晩のサンレモ音楽祭では、また、Mikaが舞台で演奏を始める前に語った一言も、とても心に響き、また、今、世界の政治や人心がおかしな方向を向いているからこそ、多くの人に届けることが大切だと思いました。 その言葉のイタリア語原文は、次の記事の冒頭の写真の下に引用
  • イタリア語・日本語教師 なおこ Fotoblog Perugia
  • どうせなら今死んでみ
  •  人間が死すべき不可避の運命に縛りつけられていることは、人間にとって最も大きな恵み・救いである。もし、死ななければ、人は底なしに堕落してゆくであろう。これは、百年足らずで死ぬために、堕落が途中でストップするという意味での救いではない。そういうことではなくて
  • 哲学日記